記事一覧

理想的な直帰率とは-500以上のサイトから導き出された平均直帰率

皆さんもご存知の通り、「直帰率」とは最初の入口のページだけを見て離脱してしまうユーザーの割合を指します。もちろん、全ての方々が直帰率を下げたいと考えていますが、一方で許容できる現実的な直帰率とは何でしょうか?

Orbit Media社は、多種多様な業界に渡り、何百ものサイトを分析しています。そこで今回は501に渡るWebサイトを調査し、業界別、トラフィック別の平均直帰率を割り出し、より正確なベンチマークを作成しました。過去に数十程度のサイトから平均的な直帰率を計算した記事はありましたが、今回の大規模な調査によって、より正確で有用な結果が得られると期待しています。

Webサイトの平均直帰率は61%

下図ではサイトの分布曲線を見ることができます。調査対象の半分は、50〜70%の間となりました。

続きを読む
21時間 前 Views

無料のGoogleショッピングのパフォーマンスを測定する方法と有料ショッピングキャンペーンへの影響

Googleショッピングですが、今まで有料とされていたGoogleショッピングへの商品リストが無料化され、合わせてGoogleショッピング広告ではより多くのオーガニック検索結果として表示される様になりました。商品リスト広告、通称PLAが、eコマース広告キャンペーンにとって非常に効果的広告キャンペーンになりました。

続きを読む
2日 前 Views

Instagramストーリー広告を分析する方法

Instagramストーリーの広告が機能しているかどうか知っていますか? 追跡する広告パフォーマンス指標とデータの場所を知りたいですか?この記事では、Instagram Storiesの広告データを分析して、何が機能していて何が機能していないかを確認する方法を学びます。

Instagramストーリーズ広告をAds Managerで分析

Instagramのストーリーズ広告を利用する際、通常投稿するストーリーの場合と同じデータにアクセスできないことに気づくかもしれません。すべての情報はFacebook Ads Managerを通して表示される訳ですが、普段見慣れている情報のいくつかが見当たらなかったりします。今回はInstagramストーリーズ広告で重要なデータを紹介します。

続きを読む
3日 前 Views

Eメールがコロナ危機にて最適なプラットフォームである理由

世界中の企業が、コロナ危機による業務への影響を認識するようになるにつれ、顧客とのコミュニケーションはこれまで以上に優先度の高いものとなりました。

インスタントメッセージングやチャットボット、その他多くの新しいテクノロジーを利用するよりも、多くの企業はEメールを使って顧客とコミュニケーションを取ることを選択しています。50年近く前の技術であるにも関わらず、Eメールは進化を続け、他のコミュニケーション形態にはない利点を提供し続けているからです。

これらの利点を見直すことで、Eメールが単にCovid-19の時代にあって適切なプラットフォームであるだけでなく、今後も重要な役割を担い続ける理由が分かると思います。

続きを読む
7日 前 Views

コンバージョン率を最適化する5段階のワークフロー

年々、コンバージョン率の最適化をマーケティング実務の一部として導入する企業が増えています。しかし、Econsultancy社によると、63%の企業においてCRO(コンバージョン率最適化 / Conversion Rate Optimization)対策がなされていないという結果が出ています。適切なCRO対策が実施されていない場合、最適化への取り組みの効率が低下し、KPIの伸びが停滞する可能性があります。この問題を回避するためには、有効なワークフローの存在が欠かせません。CROで結果を得るには、最適化を実現する手法を継続的に実践する必要があります。

下図は、このワークフローが実際にどう行われるのかを示しています。

続きを読む
1週間 前 Views

ロックダウンでインフルエンサーの影響力は低下したのか?

Socialbakersの最新レポートによると、マーケティング予算が削減された影響もあり、インスタグラムを利用する人は増えているものの、インフルエンサーからのPR投稿は減少傾向にあると指摘しています。 (さらに…)
1週間 前 Views

Facebook Analyticsを使用してビジネスを成長させる方法

多くの広告運用担当者は、Google AnalyticsのようなツールやFacebook Ads Managerを使用しトラフィックを分析してきました。近年のFacebook Analyticsのリリースにより、分析機能が大幅に拡張され、ユーザー行動の詳細を把握することが可能になりました。

Facebook Analyticsは、Google Analyticsに匹敵する強力なプラットフォームであり、非常に優秀なツールですが、設定方法は複雑で難しいという指摘も。そこで本記事では、Facebook Analyticsを活用する方法を一部ご紹介したいと思います。

Facebook Analyticsパート1:セットアップ

既存のFacebook Ads Managerは、広告クリック後や閲覧後のアクションしか把握しておらず、オーガニックなユーザーの行動を分析できない、という限界がありました。

そこで登場したのがFacebook Analyticsです。Facebook Analyticsは、複数のFacebookページ、ピクセル、アプリをグループ化して、ユーザー行動の全体像を長期に渡り把握することが可能となりました。この機能により、初めて複数のデバイスやセッションを含めた、オーガニックや有料マーケティングの効果が分析可能となりました。

Facebook Analyticsの設定
Business Managerの中で、「Analysis and report」に移動し、「Analytics」を選択します。

続きを読む
2週間 前 Views

マーケッター向け必須ガイド:Instagramにおけるオーガニックマーケティング

Instagramを活用したオーガニックマーケティングは、巨額の費用を掛けずに認知度を高めつつ、大勢のアクティブユーザーにアプローチする有力な方法です。Instagramのプラットフォームがオーガニックマーケティングとして理想的であるのは、ユーザーの高いエンゲージメントにあります。

2億人以上のユーザーが毎日少なくとも1つのビジネスプロフィールを閲覧しており、90%は少なくとも1つのブランドをフォローしています。今回はアカウントの作成から投稿の最適化、Instagram Analyticsの使用まで、Instagramにおけるオーガニックマーケティングで成功するために必要なノウハウをご紹介します。

Instagramがオーガニックコンテンツに最適な理由

ブランド主体のオーガニックコンテンツの重要な目標は、閲覧数を増やし、ブランドの認知度を広めることです。月間アクティブユーザーが10億人を超え、そのうち63%が毎日アクセスしていることから、Instagramのオーガニックマーケティングには、ブランド認知度を高めるあらゆる機会が存在していると言えるでしょう。

また、Instagram上のオーガニックコンテンツは、Facebookのものと比較して良いパフォーマンスを発揮する傾向があります。例えば、Facebookの月間アクティブユーザー数は2倍以上であるにもかかわらず、Instagramのエンゲージメントは、Facebookよりも何と23%も高いという報告がなされています。

オーガニックコンテンツを投稿する4つの方法

Instagramのオーガニックマーケティングを活用するには、ビジネスアカウントの設定が必要です。Instagramには、Instagramフィード、IGTV、Instagramストーリーズ、Instagramライブという、オーガニックコンテンツを投稿するための複数の方法が用意されています。それぞれを活用し、効果的に宣伝する方法を詳しく見てみましょう。

1 Instagramフィード

続きを読む
2週間 前 Views
Scroll to top